こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. ホーム
  2. > 2009年度のニュース一覧
  3.  > 社会調査実習(社会学科)「後輩たちによる卒業生アンケートの分析」

社会調査実習(社会学科)「後輩たちによる卒業生アンケートの分析」

'10年3月23日 更新
社会学部で実施している卒業生アンケート調査は、4年間の教育を卒業生に評価してもらおうとの趣旨でおこなっているものですが、そのデータは在学中の後輩たちにとっても貴重なものだと思います。そこで社会学科「社会調査実習Ⅰ-5」のクラスに参加している3年生11名が、そのデータ分析に取り組みました。すでに公開済の大学院生アドバイザーによる分析に比べると稚拙ですが、半面、すぐ下の学年による分析なので、より身近な立場から実感のこもった内容になっています。(データの扱いに関しては、個人情報に関わる部分をあらかじめ削除した上で利用させていただきました。詳しくは社会調査実習の報告書をご覧ください。)皆さんのご意見をいただければ幸いです。

データ分析編は関連書類をご覧ください。
関連書類
01 ジェンダーからみる学生生活(田中 麻貴)[PDF 331KB]
02 自宅通い/下宿を決定する理由(尾久土 遼子)[PDF 344KB]
03 学生生活の充実度(阿部 真里香)[PDF 341KB]
04 大学への愛着度は学校生活充実度と関係しているのか(中西 希和)[PDF 322KB]
05 卒業後の進路満足につながる要因について(菊池 修一朗)[PDF 336KB]
06 就職活動への取り組みと企業選択(大谷 卓史)[PDF 351KB]
07 インターンシップは就職活動に有利か(金田 和久)[PDF 312KB]
08 就職と地域条件(寺井 彩子)[PDF 360KB]
09 進路に満足する基準は何か(奥屋 友紀子)[PDF 357KB]
10 属性・学業・意識からみた職種の選択(芝田 麻奈美)[PDF 297KB]
11 進路に対する満足は何に規定されるか(丸山 智子)[PDF 243KB]