こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. ホーム
  2.  > 評価アンケート
  3.  > 第2回 卒業生アンケート

第2回 卒業生アンケート

調査趣旨とご協力のお願い

皆さん、ご卒業おめでとうございます。

この度、社会学部第2期生の卒業生が巣立っていくことになりました。社会学部の教職員一同、心よりお祝い申し上げると同時に、今後もより一層の教育環境の向上をはかっていきたいと考えています。

さて社会学部では毎年、卒業生にアンケートを実施し、いわば卒業生から大学への「成績表」として、同志社大学での教育と学生生活を評価してもらい、皆さんの後輩への教育を改善するために役立てたいと思います。

あわただしい中で恐れ入りますが、卒業の日の約15分間を、社会学部の今後の発展のためにお借りいたします。回答いただいたデータは社会学部として責任を持って管理し、数値化した後は、速やかに裁断処理いたします。

なお、最後のページで成績情報の使用と管理について説明し、皆さんの同意を得たいと思いますので、最後までご記入をよろしくお願いいたします。
社会学部 教育GP 評価委員会

はじめに、あなた自身のことについて、おうかがいします。

問1.性別をお答えください。

12
男性女性

性別をお答えください。

問2.卒業する学科(文学部生は専攻)をお答えください。

12345
社会学社会福祉学メディア学
(新聞学)
産業関係学教育文化学
(教育学)

学科

問3.入学した年度をお答えください。

[       ]年度

入学年度

問4.本学は、あなたの第一志望の大学でしたか。

123
第一志望第一志望以外(国公立志望)第一志望以外(私立他大志望)

本学は、あなたの第一志望の大学でしたか。

問5.あなたは現役でしたか、それとも浪人でしたか。

123
現役浪人その他(編入、社会人など)

現役・浪人の別

問6.あなたはどの入試を受けて本学に入学しましたか。1つを選んで○をつけてください。

1234
一般入試やセンター試験を
利用する入試
推薦入試(指定校・公募)や
AO入試
内部校などからの推薦入試その他

入試の種類

問7.あなたのGPAはどれくらいですか。もっとも近いもの1つ選び、○をつけてください。

123456
1.49 未満1.50~1.992.00~2.492.50~2.993.00~3.493.50 以上

GPA

問8.あなたが主に通われた高校の所在地(都道府県名)を記入してください。

12
[          ](都・道・府・県)外国

高校の所在地

問9.高校3年生のころ、学校でのあなたの成績はどれくらいだったと思いますか。
もっとも近いものを1つ選び、○をつけてください。

12345
上のほう中の上中ぐらい中の下下のほう

高校の成績

問10.あなたが18歳(高校3年生くらい)のころ、あなたのご実家には本がどのくらいありましたか。もっとも近いものを1つ選び、○をつけてください。
(雑誌、新聞、教科書、漫画は含めないでお答えください。)

123456
10冊以下11冊~50冊51冊~100冊101冊~200冊201冊~500冊501冊以上

18歳当時の家の本の冊数

問11.そのころ(高校3年生くらい)のあなたのご実家の経済状態は、この中のどれに当たるでしょうか。当時のふつうの世帯とくらべてお答えください。

12345
豊かやや豊かふつうやや貧しい貧しい

18歳当時の家の経済状態

つぎに、大学で受けた授業についておうかがいします。

問12.あなたが本学で受けた授業のなかで、もっともためになったのはどの授業でしたか。
その科目名と受講したときの学年をお答えください。また、思いあたるものがないという方は、「2.そのような授業はなかった」に○をつけてください。

12
科目名[               ]
受講した学年[            ]
そのような授業はなかった

あなたが本学で受けた授業のなかで、もっともためになったのはどの授業でしたか。 その科目名と受講したときの学年をお答えください。

ためになった授業:受講した学年

問13.あなたが受講した授業で、次のようなことはどのくらいありましたか。
それぞれについてあてはまるものに○をつけてください。

 よくあったある程度あったあまりなかったまったく
なかった
a)
学生による研究発表や
討論が授業の中心になる
1234
b)
教員が提出物に添削や
コメントをつけて返却する
1234
c)
学生自身が文献や
資料を調べる
1234
d)
実習やフィールドワークのような体験的に学ぶ機会
1234
e)
TAやSA(大学院生や上級生)による授業補助
1234

学生による発表や討論 提出物への添削やコメント

文献や資料を調べる 実習やフィールドワーク

TA・SAの授業補助

問14.授業に対するあなたの取り組み方について、それぞれについてあてはまるものを1つ選び、○をつけてください。

 あてはまるややあてはまるあまり
あてはまらない
あてはまらない
a)
授業内容について教員に
質問をする
1234
b)
授業中のディスカッションに参加する
1234
c)
授業の予習や復習をする
1234
d)
ゼミの発表のために
時間をかけて準備する
1234
e)
期末テストやレポートの
準備をきちんとする
1234
f)
授業に遅刻や欠席をする
1234
g)
板書されていない内容も
ノートに書き写す
1234
h)
授業中に私語をする
1234

教員に質問 ディスカッションに参加

授業の予習・復習 ゼミ発表の準備

期末テスト・レポートの準備 授業に遅刻・欠席

板書以外の内容を筆記 授業中に私語

問15.あなたが卒業する学科の教員について、どのように思いますか。
それぞれについてあてはまるものを1つ選び、○をつけてください。

 そう思うややそう思うあまりそう
思わない
そう思わない
a)
気軽に相談できる
1234
b)
的確なアドバイスをくれる
1234
c)
学生の意見を
尊重してくれる
1234

気軽に相談できる 的確なアドバイスをくれる

意見を尊重してくれる

問16.大学での授業は満足のいくものでしたか。それともあまり満足できませんでしたか。
それぞれについてあてはまるものを1つ選び、○をつけてください。

 満足どちらかと
いえば満足
どちらとも
いえない
どちらかと
いえば不満
不満
a)
ファーストイヤーセミナー
12345
b)
3・4年次登録のゼミ
12345
c)
大学で受けた教育全般
12345

ファーストイヤーセミナー 3・4年時のゼミ

大学での授業全般

問17.大学に入学した時点と比べたとき、次にあげる知識や技能は、授業を通してどのくらい向上したと思いますか。それぞれについてあてはまるものを1つ選び、○をつけてください。

 向上したどちらかといえば向上した変わらない低下した
a)
根拠を示し簡潔に書く能力
1234
b)
自分の考えや意見を人に
わかりやすく伝える能力
1234
c)
1つのものごとを複数の
視点から考える能力
1234
d)
文献や資料を読み解く能力
1234
e)
必要な文献や統計資料を
探すスキル
1234
f)
数量的に分析する能力
1234
g)
外国語のスキル
1234
h)
異文化に関する理解
1234

根拠を示し簡潔に書く 考えや意見を他人に伝える

物事を多面的に考える 文献や資料を読み解く

文献や資料を探す 数量的に分析する

外国語 異文化理解

学生生活での経験について、おうかがいします。

問18.あなたは自宅から大学に通っていましたか、それとも下宿でしたか。1つを選んで○をつけてください。(両方を経験されている方は、期間が長かったほうをお答えください。)

12
自宅下宿

あなたは自宅から大学に通っていましたか、それとも下宿でしたか。

問19.在学中、あなたは合計してどのくらいの期間、アルバイトをしていましたか。

12345
していなかった1年より短い1年~2年2年~3年3年以上

アルバイトの期間

問20.アルバイトをしていた人にお聞きします。具体的にどんな仕事をしていたか、例にならって下記の欄に記入してください(アルバイトを複数していた人は、もっとも長く続けたものを1つだけお書きください)。

(例:飲食店のホールスタッフ) 
 
8アルバイトをしていなかった

アルバイトの職種

問21.あなたは在学中、カリキュラムを通じて次の資格を取得しましたか。
あてはまるものすべてに○をつけてください。

123456
中学校や高校の教員免許図書館司書資格(学校の図書館をふくむ)博物館学芸員
資格
社会調査士福祉関係の資格その他

中学や高校の教員免許 図書館司書資格

博物館学芸員資格 社会調査士

福祉関係の資格 その他

問22.あなたは大学在学中に次のようなことをどのくらいしましたか。
それぞれについてあてはまるものを1つ選び、○をつけてください。

 よくした少しはしたあまり
しなかった
しなかった
a)
体育会・部活
1234
b)
サークル・同好会
1234
c)
小説を読む
1234
d)
ビジネス誌・経済誌を読む
1234
e)
政治討論番組をみる
1234
f)
美術館や博物館へいく
1234
g)
海外旅行へいく
1234
h)
スポーツをする
1234
i)
ボランティア活動
1234
j)
インターンシップ
1234

体育会・部活 サークル・同好会

小説を読む ビジネス誌・経済誌を読む

政治討論番組をみる 美術館・博物館へいく

海外旅行へ行く スポーツをする

ボランティア活動 インターンシップ

あなたとお付き合いがある方々について、おうかがいします。

問23.あなたが個人的な悩みを相談したり、困ったときに助けになってくれる人のなかに、次のような方々はいらっしゃいますか。それぞれについてお答えください。

 いるいない
a)
本学のおなじ学科に在籍する同級生
12
b)
本学のおなじ学科の先輩・後輩
12
c)
本学の他学科・他学部に在籍している人
12
d)
ちがう学校に通っている人
12
e)
正社員や正規職員として働いている人
12
f)
フリーター
(パート・アルバイトで生計をたてている人)
12

同学科の同級生 同学科の先輩・後輩

他学部・他学科の友人 他学校の友人

正社員勤務の友人 フリーターの友人

就職活動や卒業後の進路について、おうかがいします。

問24.あなたは就職活動をおこないましたか。

12
はい

問24(1)へすすんでください。
いいえ

問25へすすんでください。

あなたは就職活動をおこないましたか。

問24(1).あなたが、次のようなことをはじめておこなったのはいつでしたか。それぞれ何年生の何月ごろかをお答えください。おこなわなかった場合は「9.していない」に○をつけてください。

  していない
a)
大学主催の就職ガイダンスに参加した
[  ]年生の[  ]月ごろ9
b)
就職情報サイト(リクナビなど)に登録した
[  ]年生の[  ]月ごろ9
c)
エントリーシートを提出した
[  ]年生の[  ]月ごろ9
d)
企業の人事面接を受けた
[  ]年生の[  ]月ごろ9

就職ガイダンスに参加 就職情報サイトに登録

エントリーシートの提出 人事面接を受けた

問24(2).就職活動をはじめたころ、次のようなことをどのくらい重視していましたか。
それぞれについてあてはまるものを1つ選び、○をつけてください。

 重視していた少し重視
していた
あまり重視していなかった重視していない
a)
大企業や有名企業に
就職すること
1234
b)
能力を発揮できる仕事に
就くこと
1234
c)
仕事時間の融通が利くこと
1234
d)
資格をいかした仕事を
すること
1234

大企業・有名企業 能力を発揮できる

勤務時間の融通 資格をいかせる

問24(3).就職活動中,いくつの企業と次のようなことがありましたか。
まったくない場合は0(ゼロ)と記入してください。

a)
OB訪問をした企業
[    ]社
b)
エントリーシートを送った企業
[    ]社
c)
リクルーターから連絡があった企業
[    ]社
d)
人事面接を受けた企業
[    ]社
e)
内定をもらった企業
[    ]社

OB訪問をした エントリーシートを提出した

リクルーターから連絡があった 人事面接を受けた

内定をもらった

問24(4).はじめて内定をもらったのはいつごろですか。何年生の何月かを記入し、さらに次の1から3のなかから当てはまる時期をひとつ選んで○をつけてください。内定をもらっていない場合は、「4.もらっていない」に○をつけてください。

 1234
[  ]年生の[  ]月ごろ上旬中旬下旬もらっていない

はじめて内定をもらったのはいつごろですか。

最初の内定をもらった時期

問25.卒業後の進路について、現時点で予定しているものを1つに○をつけてください。

1民間企業に正社員として就職
2公務・教職に正職員として就職
3自営業・家業にはいる
4派遣・契約社員、非常勤・臨時職員、パート・アルバイト
5大学・大学院に進学
6専門学校に進学
7その他
8決まっていない

卒業後の進路

問26.問25で「1」と答えた人にお聞きします。就職先でのあなたの働き方は、次のどれにあてはまりますか。もっとも近いものを1つ選び、○をつけてください(問25で2から8と回答した人は、「8非該当」に○をしてください)。

12398
総合職地域限定総合職一般職わからない非該当

就職先でのあなたの働き方

問27.問25で1から4に答えた人にお聞きします。就職先でのあなたの職種は次のうちどれですか。いちばん近いもの1つに○をつけてください(問25が5から8の人は「88非該当」に○をしてください)。

1決まっていない7マスコミ関係の仕事(記者、編集など)
2事務職8サービスの仕事
3営業の仕事9介護・福祉関係の仕事
4販売職10その他(       )
5技術職(SE など)88非該当
6教員

就職先の職種

問28.問25で1から4に答えた人にお聞きします。就職先の会社全体の従業員数はおよそ何人ぐらいですか(問25が5から8の人は「8非該当」に○をしてください)。

1234568
1~99人100~299人300~999人1000~4999人5000人以上官公庁 非該当

従業員規模

問29.問25で1から4に答えた人にお聞きします。就職先の企業について、次にあげる事柄はあてはまりますか。それぞれについてお答えください(問25が5から8の人は「8非該当」に○をしてください)。

 あてはまるあてはまらない非該当
a)
東証一部に上場している
128
b)
昇給や昇格に資格が必要である
128
c)
住宅手当てや資格手当てが充実している
128
d)
育児休暇がとりやすい
128

東証一部に上場 昇給・昇格に資格が必要

住宅・資格の手当てが充実 育児休暇がとりやすい

問30.問25で1から4に答えた人にお聞きします。就職先を決める決め手になったのは何ですか。あてはまるものすべてに○をつけてください(問25が5から8の人は「8非該当」にだけ○をつけてください)。

123458
仕事内容企業や社員の
雰囲気
給与地域条件早く就活を
終えたかった
非該当

仕事内容 企業や社員の雰囲気

給与 地域条件

早く就活を終えたかった

問31.あなたは、大学在学中に公務員試験や教員採用試験を受験しましたか。

123
受けていない受けて合格した受けたが不合格だった

大学在学中に公務員試験や教員採用試験を受験しましたか。

問32.あなたの勤務先(もしくは研修先)あるいは進学先の所在地(都道府県名)を記入してください。

123
[          ](都・道・府・県)外国まだ決まっていない

就職・進学先の所在地

問33.あなたは卒業後の進路に満足していますか。それとも不満ですか。

12345
満足どちらかと
いえば満足
どちらとも
いえない
どちらかと
いえば不満
不満

卒業後の進路に満足

問34.大学を卒業後、やってみたいことが次の中にありますか。
あてはまるものがあれば、すべてに○をつけてください。

123456
会社のために
働く
NPO・NGOなどの社会活動地域社会や地元への貢献趣味や娯楽のサークル活動選挙や政治運動の支援その他
(    )

会社のために働く NPO・NGO等の社会活動

地域社会・地元への貢献 趣味・娯楽のサークル活動

選挙・政治運動の支援

最後に、学生生活全体の感想をお聞きします。

問35.あなたの学生生活は充実していましたか。

12345
充実していたどちらかといえば
充実していた
どちらとも
いえない
どちらかといえば
充実していなかった
充実して
いなかった

学生生活充実




問36.学生生活を振り返ると、全般的に満足できるものでしたか。

12345
満足どちらかと
いえば満足
どちらとも
いえない
どちらかと
いえば不満
不満

学生生活満足

問37.あなたは、本学に入学してよかったですか。

12345
よかったどちらかと
いえばよかった
どちらとも
いえない
どちらかといえば
よくなかった
よくなかった

入学してよかった

問38.本学の教育を振り返って、あなたの学科の最も良いと思われる点(取り組み)がありましたら、自由に記入してください。

社会学科

  • 少人数制の授業(アットホーム・学生同士、学生と教員の距離が近い)(15)
  • 自由である(4)
  • 社会調査実習(3)
  • 興味のある卒論テーマに取り組めた(2)
  • フレッシャーズキャンプ(2)

  • その他
    • ファーストイヤーセミナー
    • 教員同士が相互に親密な関係をもっている
    • 最初にリトリートで合宿できる
    • 自分から積極的にイベントを企画できる
    • 社会構造の基礎を学べた
    • 理解を持って思想を育てる教育であった

社会福祉学科

  • 実習がある・体験できる授業がある(9)
  • 少人数制のクラスが多い(8)
  • 教員と学生の距離が近い(6)
  • 先生や職員が温かく親切(4)
  • 自分の興味のある分野について自由に計画できる(3)

  • その他
    • 人を育てる面
    • 全部の授業(特にゼミ)

メディア学科

  • 1回生からゼミがある(9)
  • 学問の幅が広い(2)
  • 自分の興味のあることについて自由に勉強できた(2)
  • 講演会(2)
  • 全体的によかった(授業はどれも質が良く、最高)(2)

  • その他
    • グループワークやプレゼンをゼミで行えた
    • フィールドワークが多い
    • まだまだ学問として不安定だが、模索しようとしている
    • 違う価値観の仲間と、目標を設定し、それに取り組むことができた
    • 一般企業へのプレゼンテーション
    • 語学教育
    • 自分で働かないと何も得られない部分
    • 部活動に全身全霊で取り組んだこと

産業関係学科

  • 少人数制の授業(学科に仲の良い友達ができる・先生と接する機会が多い)(7)
  • 先生が親味・協力的(4)
  • ゼミ(3)
  • 社会に出る時に必要な知識が得られた(3)
  • レポート課題が多かった点が、文章力を高めるのに役立った(2)

  • その他
    • クラブ活動
    • 学科の仲が良く、先輩学年が後輩に対して面倒見が良い
    • 学科の内容がはっきりしている
    • 学生が計画立案し、調査を行う点(調査実習、関係実習)
    • 学生の意志を尊重してくれる
    • 教育実習
    • 新入生歓迎合宿
    • 単位の取り方が年々フレキシブルになっている

教育文化学科

  • 少人数制(アットホーム・学科が仲が良い・教員に気軽に相談できる)(9)
  • ファーストイヤーセミナー(6)
  • 学科のみんなが仲が良い・教員との距離が近い(4)
  • 「教育」を多方面から学べ、視野を広げることができた(教職に束縛されない)(3)
  • 学生主体で行動することを尊重してもらえる(教員が考えを押し付けない)(2)
  • ゼミ(2)

  • その他
    • リトリート合宿
    • 中国研修旅行
    • 教師塾に通った
    • 教職取得がしやすい
    • 女子学生の比率が高く、男女ともに意見を出し合ったりすることができる
    • 先生方が気さく
    • 同じ失敗を繰り返さないように、前向きに取り組むこと

問39.本学の教育を振り返って、あなたの学科で最も改善が必要と思われる点(取り組み)がありましたら、自由に記入してください

社会学科

  • 2校地間の移動(2)
  • 学生と教員との連携(2)

  • その他
    • 単位取得をキビしくした方がよい
    • 先輩・後輩とのつながりがあまり感じられない
    • 履修時間の調整をしてほしかった
    • もう少し国際的な学びができるカリキュラム、イベント等、システムがあれば良かった
    • ゼミにもっと力を入れてほしかった
    • コミュニケーション、交流の充実

社会福祉学科

  • 必修科目や専門が多くて、その他のとりたい科目がなかなかとれなかった(2)

  • その他
    • 1、2回生の時点で、あまり他学部・他学科と係わりがない
    • ゼミによって充実している所とそうでない所の差が激しい
    • ディベート系のとりくみを増やしてほしい
    • レポートの書き方等の基本的な方法などの講義が必要
    • 授業の遅刻・私語に対して教員が放置しすぎている
    • 授業の中に、もっとディスカッションを行ってほしい
    • 進路指導
    • 専門科目は後期に受けたい
    • 堕落しょうと思えばできそうな点
    • 入学前の説明会の内容と実際の授業内容にギャップがあるように思える

メディア学科

  • 外国語の必修単位が多い(4)
  • 教員と学生の交流・上下関係(3)
  • メディアの実習を増やしてほしい(2)
  • 就職に対するバックアップ(2)

  • その他
    • FYSは先生を選べるシステムに戻すべき
    • PJ科目のサポート
    • ゼミ選び(面接などを通じしっかりと選ばせるべき)
    • もっと専門的、実践的な科目があるとよい
    • 学生がもっと主体的に働く必要のある科目を増やすべき
    • 教師間の仲の悪さ
    • 2校地間の移動
    • 授業が騒しい
    • 授業評価の方法
    • 登録等の重要な知らせが分かりにくい

産業関係学科

  • 実習などの授業を増やしてほしい(2)

  • その他
    • 学習内容の片寄り
    • 講義の種類
    • 少人数であった点
    • 大教室での授業(学生が受け身になりがち)
    • 英語(外国学)教育
    • 学生側の努力
    • 教員のモチベーションにむらがある
    • ゼミで先生が欲しい学生をとっていく
    • ワーキングプアの紹介や社会への否定的なテレビ番組を流された後のフォローが欲しかった

教育文化学科

  • 教員間の情報統一(2)
  • 教員免許取得の授業(2)
  • 就職に対するバックアップ(2)

  • その他
    • アンケート調査など、統計に関わる学びを増やすべき
    • 教育を語るだけで実践していない(授業での取り扱い方や、説明の仕方、授業方法を工夫するべき)
    • ゼミ間での交流
    • ファーストイヤーセミナー
    • プレゼンの授業が少ない
    • 学ぶ分野の偏り
    • 教育文化学科が「社会学部」であることを明確にするカリキュラムづくり
    • 経営等の知識
    • 生徒に考えさせたり、調べさせたりする試験にした方がよい

最後に、成績情報の使用と管理について説明します。

これまで、同志社大学では「授業評価アンケート」や「キャンパスライフに関するアンケート調査」を実施して、教育方法・環境の改善に役立ててきました。しかしながら、学生からの評価が、個々の成績や履修科目数とどのように関連しているのかについては、よくわかっていません。

そこで、毎年の「卒業生アンケート」では、学生IDをもとに授業評価と成績や履修科目数とを照合させ、今後の成績評価やカリキュラムのあり方を考える貴重な材料として役立てていきたいと思います。

もちろん、この調査は回答者個人を特定して分析するものではなく、学部(学科)全体の傾向を把握するためのものです。成績と履修科目数に限定して転記入力したあとは、学部として厳重な管理のもとで、学生ID の部分を消去し、復元不可能な処理をします。

以上の趣旨をご理解いただいた上で、同意いただける方は下記の「1.同意する」に○をつけ、あなたの学生ID の記入をお願いいたします。

1.同意する       2.同意しない

ID :
アンケートは以上です。ご協力ありがとうございました。