1. ホーム
  2. 創造教育
  3. 社会学科 尾嶋ゼミ 北海道大学平沢研究室との合同卒論検討会の報告

創造教育

北海道大学文学部平沢ゼミとの卒論合同検討会についての報告

 2017年10月26日~28日に、社会学部社会学科・尾嶋ゼミの4回生12名、3回生8名、尾嶋先生、TAのIさんの計22名で北海道札幌市を訪れた。
 その目的は北海道大学文学部・平沢ゼミの学生との卒業論文合同検討会を行うためである。この検討会は同じ社会学を専攻している他大学の学生と意見交換・議論をして、より良い卒業論文作成を目指すために7年前よりスタートしており、今年で7回目の開催である。
北海道大学での検討会の内容
 札幌市滞在2日目の27日、北海道大学ファカルティハウスエンレイソウ第1会議室を利用し、本学尾嶋ゼミと北大平沢ゼミとの卒論合同検討会が行われた。検討会のはじめに、開会のあいさつとして平沢先生が検討会の目的とともに過去に開催された検討会についてのお話をされた。その後、学生の研究報告が始まった。
 研究報告は尾嶋ゼミ12名、平沢ゼミ5名が行い、1人当たり報告の持ち時間10分、質疑応答の時間10分といった形式で進めた。(時間の都合上、報告5分のものもある。)研究のテーマは多岐にわたり、各大学の枠を超えた活発な議論がなされた。

発表順と発表された研究報告のタイトルは以下の通りである。
(同志社大学:D   北海道大学:H)
1.校則に対する意識―同志社系列高校を比較して― D HA
2.大学体育会への入部理由と満足度の関係性について D HS
3.集団特性論からみるスクールカースト D JM
4.小学校における食育で栄養教諭が果たす役割と連携に向けた意識について―札幌市を事例として― H YM
5.早期離職が生じる要因―新規大卒者に着目して― D KH
6.地元就職者の就職活動および就労意識 H AH
7.きょうだい構成と社会的地位の関連性 D SS
8.離転職者の特性―女性の労働について― D RY
9.医師事務作業補助者の曖昧な業務範囲―X病院における医療秘書・クラークとの比較を通じて― H AS
10.地域への愛着を生み出す規定要因―子供時代の過ごし方の影響― D MH
11.中国農民合作社における統治機構の差異はなぜ生じるのか―34合作社の調査結果を用いて―H SH
12.個人の環境配慮行動の現状について D KT
13.大学生のアイデンティティ確立における就職活動の意味 D HY
14.色彩選好とジェンダー D NK
15.メディアの多様性によるフェイクニュースの危険性―学生へのメディア利用に関するインタビュー調査から― H SY
16.なぜ「合コン」はなくならないのか―進化するスマホ時代にも在り続ける「合コン」文化― D MH
17.男性アイドルと社会の変遷 D MK

 検討会の序盤はお互いに初対面ということもあり緊張した様子だったが、時間が経つにつれてその緊張も解けてゆき目安の時間をオーバーするくらい議論も活発になっていった。最後に、尾嶋先生による締めの言葉で3時間を超える検討会は終了した。
 検討会後、ゼミ合同の懇親会が行われ楽しい時間を過ごした。
まとめ
 参加した全員にとって非常に実りの多い卒論合同検討会であったと思う。研究報告を行った4回生は今後の卒論作成に向けて良い経験になったのではないだろうか。今回の経験を活かした成果物に期待したい。また、今回は多くの3回生が参加し、4回生の報告に対しても積極的な質問や指摘を行っていた。これは4回生にとっても刺激になったであろうし、3回生も研究をするということがどのようなことなのか、少しイメージできたのではないだろうか。このような場のおかげで、両学の横のつながりだけでなく縦の交流も深めることができた。3回生には、この体験を活かし来年度に向けて頑張ってもらいたい。
 最後に、私たちを親切に迎えてくださった北海道大学平沢先生をはじめ、北大生の皆さんに感謝したい。ありがとうございました。